人気ブログランキング |

美術・文化社会批評/アライ=ヒロユキのブログ


アライ=ヒロユキの美術・文化社会批評などの日々の活動を伝えます。
by PXP14154
美術・文化社会批評(ライター、講演)などの活動を展開しています。
美術・文化社会批評のアライ=ヒロユキのホームページ
こちらは、活動やさまざまな情報をまとめたホームページです。
個人facebook
お気に入りブログ
最新の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


表現の不自由展

表現の不自由展が開催されました。
アライが、実行委員として企画・実施・司会などを担当のほか、会場で発売するリーフレット(500円)では巻頭文の執筆もしています。ぜひお越しいただけますよう、お願いいたします。
私が司会を務める、1/26(月)鹿島拾市さん、1/30(金)開発好明さんのトークが特にお勧めです!


表現の不自由展〜消されたものたち

天皇と戦争、植民地支配、日本軍「慰安婦」問題、靖国神社、国家批判、憲法9 条、原発、性表現……このような表現内容をもつため、検閲とそれにもとづく修正、封殺(展示撤去、掲載拒否、放映禁止)、自粛の憂き目に遭い、表現の正当な機会を奪われた、タブーとされたものを集めました。取り上げたジャンルは、絵画・彫刻・写真・映画・テレビ番組・文藝などさまざまです。展示、トークイベント、上映会をとおして、「表現の自由」とは何か、それを損なうものは何なのか、みなさまとともに感じ、考える場になれば幸いです。

主催:表現の不自由展実行委員会、“教えてニコンさん! ” ニコン「慰安婦」写真展中止事件裁判支援の会
共催:メディア総合研究所

会期■2015年1月18日(日)〜2月1日(日) 12:00〜20:00(日曜のみ19時) 会期中無休 (イベント時は作品のみの鑑賞はできません)
会場■ギャラリー古藤(ふるとう) 〒176-0006 東京都練馬区栄町9−16 03-3948-5328
入場料■500円
大・高生、ハンデのある方300円/中学以下無料
イベント参加費■トークのみの日:1,000円
上映&トークの日(★印):1,500円
(入場券お持ちの方は1回に限り入場料分割引)
主催問合せ■hyogenfujiyuten@gmail.com
TEL080-3731-1075
www.facebook.com/hyogennofujiyu

【出展作品】美術館・画廊等で「検閲」された作品を展示します。

安世鴻(写真家/新作:アジアの被害者たち)
大浦信行(芸術家、映画監督/光州ビエンナーレ出品抗議作)
貝原浩(画家/風刺画〔天皇復元版〕)
キム・ウンソン&キム・ソギョン(彫刻家/「慰安婦」をモチーフとした《少女像》関連作)
中垣克久(彫刻家/展示強制撤去資料+新作)
永幡幸司(サウンドスケープ研究者/福島関連検閲資料+作品)
山下菊二(画家/天皇モチーフ作)
※ほか資料展示あり [作家50音順]

【トーク・上映イベント】先着40名・要予約(ご注意を!)
イベント予約専用 jjtenevent@gmail.com TEL03-3948-5328

1.18(日)14-17時 キム・ウンソン&キム・ソギョン(彫刻家) 来日トーク!日本軍「慰安婦」モチーフ作《少女像》について
1.20(火)19-21時 安世鴻(写真家) 日本軍「慰安婦」写真の表現と検閲事件
1.21(水)19-21時 『ジョン・ラーベ〜南京のシンドラー』上映&永田浩三(武蔵大学教授)トーク★
1.22(木)19:30-21時 ピーター・バラカン(ブロードキャスター) 聞き手・高和政(文化批評) ラジオと表現の自由
1.24(土)14-17時 大浦信行(芸術家、映画監督)×ゲスト・洪成潭(画家) 映画『靖国・地霊・天皇』上映&トーク★
1.25(日)14-17時 『放送禁止歌』上映&森達也(作家・映画監督)トーク★
1.26(月)19-21時 鹿島拾市(「秋の嵐」元メンバー、a.k.a.加藤直樹) 反天皇制全国個人共闘〈秋の嵐〉の活動を振り返って
1.27(火)19-21時 ろくでなし子(漫画家、造形作家) 公権力の攻撃を受けた表現とは
1.28(水)19-21時 放送中止テレビドラマ『ひとりっ子』上映&岩崎貞明(放送レポート編集長)トーク★
1.29(木)19-21時 イトー・ターリ(パフォーマンス・アーティスト) セクシュアリティと表現の自由
1.30(金)19-21時 開発好明(アーティスト) アートから見た「福島の真実」
1.31(土)14-16時 澤地久枝(作家) 表現と言論の自由の危機(風流夢譚事件と現在)
2.1(日)14-16時 まとめディスカッション(アライ=ヒロユキ、香川檀、永田浩三)
※講師のご都合で変更する場合があります。

会場で、展覧会リーフレット(500円)も発売。


★1.26(月)19-21時 トーク 鹿島拾市(司会/アライ)

昭和天皇の死去前(1988年秋)に、原宿のホコ天(明治神宮前の広場)で果敢な路上行動をした〈秋の嵐〉。かれらは激しい弾圧(大量検挙)を受けましたが、その理由はなんでしょうか?
原宿で若者が路上の自由を訴える行動が「反天皇」と結びついた意味を、いま考え直したいと思います。
路上行動「さよならヒロヒト まだ生きて自粛 こんな私に誰がした!?」「ヒロヒト・キョンシー作戦」など、当時の貴重映像を公開!! 抱腹絶倒です!必見。
鹿島拾市は、関東大震災時の朝鮮人虐殺の足跡をたどった『九月、東京の路上で』(ころから)の著者、加藤直樹です。


★1.30(金)19-21時 トーク 開発好明(司会/アライ)

人と人をつなぐアートの先駆者、開発好明。彼は東日本大震災に際し、デイリリーアートサーカスを結成。いち早く福島に入り、被災地へのアートによる義援に尽力してきました。
支援アートに政治性を込めるが、開発流!
福島県南相馬市にある《政治家の家》は、福島第一原発より20キロ、禁止エリア外縁400メートルほどの距離。政治家限定の休息所で、質素な建物の中で被災地の実情を体験してもらうべく、作家は彼は日本の衆参議員700名以上に招待状を送りました。
作家が登場した『美味しんぼ』の取材と検閲・隠蔽の実態も明らかに。新作・日の丸のインスタレーションについても語ります。
「開発くんがゆく」福島編をご期待ください!

by PXP14154 | 2015-01-21 17:44 | 活動紹介