人気ブログランキング |

美術・文化社会批評/アライ=ヒロユキのブログ


アライ=ヒロユキの美術・文化社会批評などの日々の活動を伝えます。
by PXP14154
美術・文化社会批評(ライター、講演)などの活動を展開しています。
美術・文化社会批評のアライ=ヒロユキのホームページ
こちらは、活動やさまざまな情報をまとめたホームページです。
個人facebook
お気に入りブログ
最新の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:雑記( 2 )


松江市学校図書室での『はだしのゲン』閲覧制限事件

マンガ『はだしのゲン』につき、松江市の学校図書室で閲覧制限されるという事件がありました。
この事件についての私の意見を、ツイッター/フェイスブックに書いたものの引用ですが、下に記します。
ちなみに、学校図書室は図書館法に規定された公共図書館には該当しません。表現の自由ではなく、教育問題の範疇になります。

本作はより多くの人に読んでほしいと思いますが、マンガは教師に言われて読むものではないようにも思います。歴史教育は脚色をなるべく排したドキュメントや歴史書を本筋とすべきでしょう。
本件は、教育における(戦争の)歴史の抹消と教育現場の裁量/権限の問題が核と思います。選定において主観に近い恣意性が介在せざるを得ない創作物を主題とすることは、表現の良悪/適不適の議論に引っ張られ、本質を見失う怖れがあります。

by PXP14154 | 2013-08-30 00:44 | 雑記

西崎義展さん・お別れ会参列

本年11月7日に亡くなった、『宇宙戦艦ヤマト』を生み出したプロデューサーとして知られる、西崎義展さんのお別れ会に参列してきました。日取りは12月10日、場所は青山葬儀所です。
壇上には故人の遺影に白い花(たしかユリ)が飾られ、故人の在りし日とヤマトの名場面(主に発進のシーン)をまとめたビデオがエンドレスで流されていました。
関係者ではなくファンのための会は午後2時から6時まで催されていましたが、最初に始まる黙祷のところに出席しました。この時点の参列者は100名強くらいでしょうか(乗組員の数と同じくらい)。黄金時代を知るだけに、やや寂寥の感もありました。黙禱の際には、BGM「夕陽に眠るヤマト」のショートバージョンが流れました(『さらば宇宙戦艦ヤマト』の沖田艦長への遺影への黙禱で使われたものです)。ヤマト式の敬礼をしましたが、大方の参列者のさらば式ではなく、パート1式にしたのは私のこだわりです。改めて故人の冥福を祈ります。故人が生み出したものは、今後も数多くの人々の心の中に生き続け、語り継がれるでしょう。
思えば、故人には生前会うことも、姿を拝見したこともありませんでした(松本零士さんには編集者時代に取材でお会いしたことがあり、良くしていただいたのはいい思い出です)。
この日午前は関係者のためのものが催されたそうですが、そのときは400人ほどが集まったそうです。その際に、続編映画やテレビシリーズ制作も非公式発表されたそうですが…
f0230237_233543.jpg
f0230237_231668.jpg


by PXP14154 | 2010-12-24 02:03 | 雑記